見出し画像

20代メンバーに聞く!「AI」専門の「ベンチャー企業」に入社してみて、どうですか!?

こんにちは!トライエッティングの広報・もえです。

当社は、ベンチャーとしては珍しく多様な年代のメンバーが集まる企業です!

なかでも今回は、20代メンバーに焦点を当て、当社での働き方について座談会形式でインタビューしていきました!

前編の本記事では、それぞれの職種の面白さやその職種でのサクセスについてお届けします。

当社での働き方にご興味のある方、当社にご応募・ご入社をお考えの方のご参考になりましたら幸いです!

今回インタビューしたのはこちらのメンバー!

三成(CS)

橋本(CS)

鍵谷(営業)

間瀬(広報)

それぞれの職種の面白さはどんなところにあると思いますか?

三成(CS):
様々なお客様と関わり、実際に運用していくお客様の会社の中で物事が進んでいくことに関われる点が面白いと思っています。

また、前職では一つの会社の中一つの部門で仕事をしていたので、それ以外のケースを知る機会がありませんでした。現在は、お客様の会社ではどうしているのかという話を知りながら、それらの個別ケースに合わせた対応を考案していくこともとてもやりがいを感じています。

橋本(CS):
私は「UMWELT(ウムベルト)」という製品を通じてAIの技術の面白さや素晴らしさをお客様に理解してもらえる瞬間に面白さを感じています。「UMWELT(ウムベルト)」がどうお客様の役に立つかをお客様に理解していただけた瞬間、心の中でガッツポーズをしています。

鍵谷(営業):
私も三成さんと近いのですが、さまざまな部門や業界の人々と接する機会が豊富で、社内外の様々な課題やニーズを深く理解できることが面白いと思っています。

最前線に立って営業をして「UMWELT(ウムベルト)」を良い製品だとお客様に感じていただける時も、CSに繋ぐ役割として、導入いただいたお客様のお取り組みが順調に進んでいると伺った時もいつも「良かったなぁ」と感じています。

間瀬(広報):
私は、情報をどのように伝えるか、それがどのように伝わるかに興味を持ち大学・大学院で学んできました。どのように会社を打ち出していくか、それにはどういう表現や手法が良いのかを考えて実践し、それが実った瞬間が非常に嬉しくて、やりがいを感じています。

トライエッティングに入社してから極めてきたことやサクセスしたことを教えてください!

鍵谷(営業):
入社時にセールスチームが自分を含めて2人という状況だったので、HRBEST(ハーベスト)の価格体系の変更や製品機能の向上、といった刷新を主に一人で担当しました。いろんなお客様に間口を広げて使っていただく中で認知を広げていくというところで、少なからず力になれたのではと感じています。

メンバーが25名程度のスタートアップで、一つ一つの業務の重みがやはり大きいフェーズなので、この会社の中で自分が一番この製品について詳しくなろうと極めてきました。ですので、自分なりに自信を持って提供価値を最大限お客様に伝えられてきたのではないかという自負があります。

橋本(CS):
開発チームではないのですが、極めてきたことは「作る」ことです。
例えばUMWELT(ウムベルト)。まず、お客様が予測に使われるレシピをかなりの数、時間をかけて作ってきました。ですのでレシピ作りには自信があります。

それから、BIツールを「作る(=設定する)」ことも極めてきました。お客様がBIツールを作ることに時間を割く余裕がなかったり、どうしてもご自分で作成するのが難しかったりというケースがしばしばみられます。

私自身はBIツールを作ることが好きで楽しい作業だと感じているのですが、その「好き」や「楽しい」が直接お客様の助けになることが最近わかってきて、思っていた以上に価値のあることなんだと実感でき嬉しく感じています。お客様だけでなく他のCSのメンバーの業務も助けることができ、自分の得意が発揮できている、サクセスできていると思います。

三成(CS):
トライエッティングに入社したのは社会人1年目だったのですが、それから現在に至るまでお客様に寄り添ったプロジェクトの進め方を学んできました。社内のプロジェクトでも、サービスのUI改修のリーダーを務めるなどチャレンジさせてもらえる機会があり、その経験を自分の中できちんとものにできたという実感が持てたことがサクセスしたことではないかなと感じています。

間瀬(広報):
私はインターンの4年間で、営業、秘書、UIUXと、会社のフェーズやプロジェクトの状況に応じて様々な部署で働いてきました。

それぞれ話をもらった時に自分で「やってみたいです」と手を挙げて、会社の色んな部署・分野に触れてきた経験が、会社についてどのように打ち出していくか、見せていくかという現在の広報業務にとても活かされていると感じています。そういった点で、チャレンジもたくさんさせてもらってきて極めてきたことを、今の職種で自分なりにアウトプットできているのではないかなと考えています。


後編では、これからチャレンジしたいことやトライエッティングの良さについてさらに深掘りしていきます!

▼後編はこちら

トライエッティングでは一緒に働く仲間を募集しています

今回は、当社の20代メンバーへの座談会形式のインタビューをお届けしました。後編もどうぞお楽しみに!

当社では事業拡大に伴い、さまざまなポジションで人材を募集しています。ご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!
トライエッティングが気になった方は、以下の採用サイトからお問い合わせください!

トライエッティングとは

株式会社トライエッティングは、「予測業務の自動化を、やすく、はやく」というミッションを掲げる名古屋大学発のAIベンチャーです。AI技術の導入する上での課題となっている「コストの高さ」や「開発期間の長期化」、「専門人材の不足」を解決する「UMWELT(ウムベルト)」というプラットフォームを開発し、幅広い業種業態のお客様に提供しています。また、複雑なシフトもAIがワンクリックで作成する「HRBEST(ハーベスト)」を開発・販売しています。

UMWELT:

HRBEST:


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

当社では事業拡大に伴い、さまざまなポジションで人材を募集しています。 トライエッティングが気になった方は、採用サイトからぜひお問い合わせください!