見出し画像

TRYETINGの「夢」は?PR TIMESのプロジェクト「April Dream」に参加しました!

こんにちは、TRYETINGの広報担当です。

先日4月1日、PR TIMESにて当社の「夢」についてのプレスリリースを公開しました。この記事では、「April Dream」プロジェクトの概要や当社の夢についてお伝えします。

April Dreamとは?

「April Dream」は、2020年からPR TIMESが行っている発信文化の創造のための取り組みです。4月1日を、ウソをついても許されるエイプリルフールから、叶えたい夢を語るApril Dream(エイプリルドリーム)に変えようという試みです。

その取り組みの一環として、企業は4月1日に「夢」に関するプレスリリースを無料で配信できるというものがあります。

TRYETINGはこのApril Dreamの取り組みに賛同しており、昨年に引き続き今年も当社の「夢」について発信しました。

【参考】

TRYETINGの「夢」

名古屋大学発AIベンチャーのTRYETINGは、「明日の未来を今日つくろう」をミッションとし、需要予測・在庫管理・シフトの自動作成など「知能業務の自動化」を目指しています。

AI、激動の1年

昨年2022年から、AIを取り巻く状況が目まぐるしく変わっていきました。「Midjourney」や「NovelAI」など一般利用が可能な画像生成AIサービスが次々と登場し、SNSや投稿プラットフォームなどで、AIが生成した画像を目にすることが多くなりました。

2022年11月にチャットボット「Chat GPT」が無料公開され、2023年の現在に至るまで大ブームを巻き起こしています。まるで人間がおこなっているかのような自然な受け答えや文章の生成を体験し、驚いた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。既に生活に取り入れ、活用されている方もいらっしゃるでしょう。

このたった1年の間に、確実に、AIという概念が皆様の生活により身近に感じられるようになってきたように思われます。

ビジネスを加速させるAI活用

「AIをビジネスに活用したい」という需要は、様々な企業で事業内容を選ばず年々高まってきました。目覚ましいAIの進歩は、これまでのビジネスのあり方を変えるような時代になりつつあります。

しかし、システムベンダー/プラットフォームベンダー/アルゴリズムベンダーがそれぞれ独立しており、「AIを活用したい」という需要に供給が間に合わない、供給方法がないという状況でした。資金が潤沢ではない中小企業には手を出しにくい、限られた大企業のみが活用できるツールだったのです。

私たちはこの需要と供給のミスマッチングに対して「AIを、手頃に、すばやく、確実にビジネスに届ける」ことを第一とし、データテクノロジーで産業と産業を繋げて新たな価値を生み出しています。

 データテクノロジーでまだ見ぬ社会を、創造する

AI技術の導入課題である「導入コスト・開発期間の長大化」を解決するシステムを開発し、企業の基幹システムへ提供。在庫管理・勤務シフト管理を中心としたサプライチェーンに関わるヒト・モノの最適化を得意とし、メーカー・小売・物流・商社など幅広い領域で「知能業務の自動化」に取り組んでいます。

私たちは膨大なデータの中から今まで誰も気づかなかった結果・価値を見出し、想像をはるかに超えるサービスやプロダクトを開発しています。

明日の未来を今日つくろう

トライエッティング(TRYETING)という社名は、“Keep TRYING to make something new which doesn't exist YET!(未だ存在しないものをつくるものづくりにトライし続けよう)”が由来となっています。

この言葉をもう少しコンパクトに、そして私たちのものづくりへのスタンスを簡潔に表せる言葉はないかと考えた言葉が“Creating The Future of Tomorrow, Today!(明日の未来を今日つくろう)”です。

「今日の社会になくて、明日の社会には当然のようにありふれていて、みんながそれがない世界を想像できないようなものづくりを、今日発想して創ろう」、そんな思いが込められています。

人間の能力を「拡張」するAIを

TRYETINGが目指しているものは、人間の既存の仕事との置き換えではありません。人間の知性を拡張することで、よりクリエイティブで、労働生産性の高い産業構造を実現することです。
私たちは「AIを単に人間に取って替えるのではなく、クリエイティブな仕事に人間のエネルギーを再分配できる」、そんな近い未来を想像しています。それは人間を助け、人間の能力を拡張できる「拡張知能(Augmented Intelligence)」こそ私たちが目指すAIです。

これまで私たちはAIに代表される「データテクノロジー」を卸・物流・小売・製造・広告などの幅広い業種において、基幹システムや多くのアプリケーションへと組み込んでまいりました。

単純作業や人間にとって莫大かつ多様すぎるデータに関わる仕事を、AIによって"短納期・低コスト・高品質”で24時間365日自動化する。私たちにしかないノウハウで、お客様のデータ活用における、あらゆる障壁を取り除く。

データテクノロジーによって、お客様にとっての「明日の未来を今日つくる」ことをTRYETINGは目指しています。私たちと一緒に、データ活用の一歩を踏み出しましょう。

終わりに

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。

私たちは夢の実現に向けて、そしてその先にあるより良い未来の実現に向けて、全力で取り組み続けます。

株式会社トライエッティングでは一緒に働く仲間を募集しています

TRYETINGの事業や取り組み、働き方などにご興味をお持ちの方は、以下のWantedlyよりお問い合わせください!

▼Wantedly
セールス
エンジニア※フルリモートOK
カスタマーサクセス

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

当社では事業拡大に伴い、さまざまなポジションで人材を募集しています。 トライエッティングが気になった方は、採用サイトからぜひお問い合わせください!