見出し画像

DX時代に求められる資格とは?就職や転職に役立つおすすめ資格を紹介!

ビジネスの世界で「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉が頻繁に使われるようになりました。多くの企業でDX化が進んでいる今、ITやDXに関する知識や技能を求められることも多くなりました。

今回は「DX」をテーマに、DXに関する資格と、資格が活かせる職種についてご紹介します。

クリスマスまでの期間に、窓を毎日ひとつずつ開けていく「アドベントカレンダー」。
今年はそんなアドベントカレンダーにちなみ、株式会社トライエッティングの公式noteにて、「人工知能」、「機械学習」、「働き方」などをテーマとする様々な記事を、クリスマスまでの平日毎日投稿します。

DXの基礎知識

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を用いて組織やビジネスに改革をもたらすことです。2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱されました。現在では主にビジネスの場面で使用されています。ツールを導入し一部をデジタル化することで、業務を効率化し競争力を高めることができます。

DXが企業にもたらすメリット

生産性がアップする
定型作業を自動化するツールを使用すると、これまで人間が行っていた作業をより正確に素早く行うことができます。ミスが減りスピードが上がることで、生産性の向上が期待できるほか、ダブルチェックが不要になるなど作業工程の短縮にも繋がります。

業務の効率化ができる
デジタル技術を活用することで、業務を自動化、効率化が可能です。デジタル技術を利用し情報を一元管理することにより、営業、労務、経理など複数のシステムの連携や、スムーズな情報共有に繋がります。

リソースやコスト削減につながる
リソースやコスト削減もDXのメリットです。デジタル技術を使用しペーパーレス化リモート化を進めることで、人件費や移動コスト、事務用品費などさまざまな費用を削減できます。業務効率化により浮いたした人材やコストは、より重要度の高い業務に再配分が可能です。

データ管理が容易になる
既存システムでは管理できるデータの種類や量に限りがある上、構造が複雑化しブラックボックス化が進んでいる場合があります。データ管理システムを更新することで、より大量のデータを収集、蓄積し活用することができます。ビッグデータ時代にも対応が可能です。

時代の流れにそったシステム構築が可能になる
時代にあったシステムの構築もDX化のメリットです。時代の流れを見てもDX化の重要性は明らかで、経済産業省は「2025年までにデジタル化に取り組まなければ、国内で12兆円の損失が出る可能性がある」という「2025年の崖」を提唱しています。DX化を進めることで従来のレガシーシステムを脱却し、先進のデジタル技術を利用した新たなシステム構築ができます。

DX関連のスキルが身につくおすすめの資格9選

AWS認定各種
AWS認定とは、Amazonのwebサービス上でオペレーションを行うためのスキルや専門知を問う資格です。「ベーシック」「アソシエイトレベル」「プロフェッショナルレベル」の3つのレベルが用意された資格と、より高度な専門知識を問う専門別の資格が計11種類存在します。

AI実装検定
AI実装検定とは、AIの実装力や知識を問う民間資格です。B級、A級、S級の3段階にレベル分けされています。B級はAIに興味がある人向けの入門編です。A級、S級は実装力を求められ、S級ではAIの実装力に加えて画像処理を中心として実践的な力が求められます。

データベーススペシャリスト試験
高度情報処理技術者試験の1つであるデータベーススペシャリスト試験とは、データベースの技術力を問う試験です。エンジニアの中でもデータベースの設計や管理を行う人や、インフラエンジニアにおすすめの資格です。

ITストラテジスト試験
ITストラテジスト試験は、高度情報処理技術者試験の1つで国家資格に分類されます。レベル1〜4までの難易度が設定されており、ITに関する経営戦略知識が問われます。経営企画を担当する人やITコンサルを目指す人におすすめです。

Python3エンジニア認定試験
Python3エンジニア認定試験は、Python3を使用したデータ分析の方法や基礎知識を問う民間の試験資格です。基礎試験とデータ分析試験に分かれており、Python3エンジニアを目指す人やAIや機械学習、ビックデータを扱いたい人におすすめです。

情報技術者試験
情報技術者試験は、情報技術者としての基本的な知識やスキルをはかる国家資格です。ITに関する基本的な情報を体型的に学習することができるので、エンジニアはもちろんのこと、IT業界で働きたいと考えている人に幅広くおすすめできる資格です。

ITコーディネーター
ITコーディネーターとは経営とIT両方に精通することを示す資格です。経済産業省が推奨する資格の1つで、試験に合格したあと研修を受ける必要があります。IT経営に関する知識と実現するためのマネジメント力が求められます。

プロジェクトマネージャ試験
プロジェクトマネージャ試験は、プロジェクトマネージャーになるための知識や技能を示す国家試験です。情報処理に関する知識だけでなく、法務や組織戦略など幅広い知識が求められます。

認定スクラムマスター
スクラムマスターとは、アジャイル開発のチームメンバーのスクラム開発をサポートをするポジションです。認定スクラムマスターはスクラムマスターを担うために必要な知識を問う資格です。認定には30万円の費用がかかります。

DXの資格が活かされる6つの職種

プロジェクトマネージャー
プロジェクトマネージャーは、DXやデジタルビジネスを主導する人材のことです。顧客、パートナー、関連事業部との連携を行い、プロジェクトの全体を統括する必要があります。デジタル技術に関する知識や技能だけでなく、全体の課題設定を行いチーム全体を管理するマネージメント力や自社製品への理解が必要です。

ビジネスデザイナー
DXやデジタルビジネスの企画立案をおこない、プロデューサーとともにプロジェクトを進めます。デジタル技術に関する知識だけでなく、市場や顧客のニーズを汲み取った企画を立案する発想力や、ビジネスに関する知識が求められます。

アーキテクト
アーキテクトとは、DXやデジタルビジネスに必要なシステムの全体設計や中核部分の設計を行う職種です。プロデューサーやビジネスデザイナーの意向を汲み取り、システム開発を行います。ビジネスにおける課題や解決策の提案も仕事の1つです。

AIエンジニア/データサイエンティスト
AIエンジニア・データサイエンティストは、デジタル技術(AI、IT、loT)やデータ解析に精通し、ビックデータを扱う職種です。ビックデータの中からビジネスに必要な情報を抜き出し、活用できるよう整えます。データ解析やデジタルに関する知識、技術が求められます。

UXデザイナー
UXデザイナーとは、エンジニアが作成したシステムをユーザー向けのデザインに整える業務です。デザインに関する知識だけでなく、デジタルテクノロジーに関する基本的な知識が求められます。

エンジニア・プログラマー
アーキテクトが設計した仕様をプログラミングで実装したり、インフラ整備を行う仕事です。DX関連のプログラマーやエンジニアは、DXに関するさまざまなシステムの知識や、関連システムを開発するプログラミングスキルが求められます。

TRYETINGでは一緒に働く仲間を募集しています

DX関連の資格はレベルや分野別にさまざまものが存在します。DXに効果的なITシステムの開発を行っているTRYETINGは、DXに関する資格をお持ちの方、DXのスキルを活かして働きたい方を募集しています。ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。

TRYETINGが気になった方は、下のリンクのWantedlyのページからぜひお問い合わせください!

▼Wantedly
ITコンサルタント
エンジニア※フルリモートOK
カスタマーサクセス

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

当社では事業拡大に伴い、さまざまなポジションで人材を募集しています。 トライエッティングが気になった方は、採用サイトからぜひお問い合わせください!