見出し画像

【月刊トライエッティング】2023年2月号

こんにちは!トライエッティング(TRYETING)の広報担当です。

2023年がスタートした!と思ったら、あっという間に2月も終わろうとしています…。トライエッティングがオープン社内報を始めて約1年。社内制度や新しい取り組み、プロジェクトの裏側、社内アンケートを発信することで、各プロジェクトの理解促進やメンバーの相互理解をサポートしてきました。

そして、今回から新たなシリーズとして、「月刊トライエッティング」をスタートします!直近1ヶ月のニュースや社内の様子をまとめて発信していきますので、是非ご覧ください。

News

ノーコードAIを活用した予測系業務の自動化ソリューションは、専門知識やプログラミング不要でAIの開発・実装・運用できる解決策として、需要予測や在庫・生産管理において課題を抱える企業から多くの問い合わせをいただいています。ここでは、新たなプロジェクトや導入事例をご紹介します。

経営課題を解決する技術「ノーコードDXクラウド」の商標登録完了のお知らせ

自社が取り扱う商品・サービスと、他社が取り扱う商品・サービスを見分けるための目印となる商標。ネーミングやロゴをはじめとする商標を特許庁に登録することで、自社の利益を守るとともに、消費者は「この商品は安心して使える」、「この会社のサービスなら使ってみたい」という判断が可能になります。

そして今回、私たちは‟コーディング不要であるがゆえに省コストかつ簡便な方法でデータ利活用を実現できるクラウドサービス”を「ノーコードDXクラウド」として商標を登録しました。

TRYETINGはクラウドを活用したノーコードDXツールとして、ノーコード予測AIプラットフォーム「UMWELT(ウムベルト)」を開発して、予測系業務の自動化ソリューションを企業の基幹システムへ提供しています。

さまざまな業種の企業に導入いただき、需要予測の精度向上や在庫管理の効率化に貢献。現在、多くのお問い合わせをいただいています。

詳しくはこちらをご覧ください。

ノーコード推進協会に入会

近年の著しい技術革新に伴い、ビジネスの現場で活用が広まりつつあるAI。その一方で、日本国内のAI導入は世界の先進国に比べて遅れており、AI先進国とは言えない状況です。このような状況の中で、現在注目されているサービスが「ノーコードAI」。

ノーコードDXクラウド®企業として「知能業務の自動化」に取り組む当社は、ノーコード推進協会の趣旨に賛同して、ノーコードアプリ開発へのAI活用を推進することで、「ノーコード思考」を国内に広め、日本を強いデジタル国家にして世界をリードすることを目指します。

詳しくはこちらをご覧ください。

国土交通省が実施する「下水道応用研究」にエントリー

人手不足や施設老朽化など、さまざまな課題を抱える自治体の下水道事業。下水道は生活に必要不可欠なインフラで、その機能の維持・有効活用について知恵を絞ることが求められています。

自治体が行う下水道事業が抱える設備の維持管理に、当社が開発する需要予測の技術を活用できるのではないか?と考えて、2022年8月に実施された「下水道スタートアップチャレンジ」に登壇させていただきました。

「下水道スタートアップチャレンジ」で当社技術をお伝えしたところ、多くの下水道事業者様にご興味をお持ちいただき、今回はより専門性が高い「下水道応用研究」にエントリー。

「下水道応用研究」は、大学等によるラボレベルの研究を終え、企業等による応用化に向けた開発段階にある研究または、下水道以外の分野で確立した技術について、下水道分野への適用するための研究に対し、技術発展への支援を目的とした取り組みです。

生産人口の減少によって人手不足が進み、さらなる業務効率化が求められている状況下で、ノーコードAIを活用した需要予測のニーズが高まっています。私たちはこの技術を活用して、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいます。

需要予測や在庫・生産管理にお悩みの事業者様は是非お気軽にお問い合わせください。

おすすめコラム

私たちは、「ヒトの「知性」を拡張するメディア~拡張知性とヒトの今とその先~」をコンセプトに、当社サービスのご利用者様や潜在顧客に対して情報を発信しています。ここでは、今月のおすすめのコラムをご紹介します。

世界各地で広がる「バーティカルファーミング」とは何か?
土地をバーティカル(垂直)に使い、棚などを利用して作付面積を上へ伸ばしてゆくタイプの農業「バーティカルファーミング(Vertical Farming)」。この記事では、バーティカルファーミングの特徴や世界各国における事例について紹介しています。

一番印象に残っている内容は「深刻化する水不足や水資源の問題に対し、バーティカルファーミングが解決の一助になる可能性は高い」ということ。従来型の農業は膨大な量の水資源が必要であることに対して、バーティカルファーミングは水をそれほど使わないため、サステナブルな地球の未来をつくる農業手法として期待されています。

記事全文はこちらをご覧ください。

この他にも、今月公開したコラムをご紹介します。

なぜ生命は多様なのか:ダーウィンが『種の起源』に残したメッセージ

設立800年、スペイン最古の大学が提供し続ける「学びの価値」とは?

セミナー登壇&イベント開催

ノーコードAIを活用した需要予測や自動シフト作成の技術をより多くの人に知ってもらうべく、私たちは随時イベント登壇やセミナー開催を行っております。ここでは、今月に行われたイベント登壇の様子や今後の開催予定をご案内します。

2023年3月7日(火)企業変革やイノベーション創出の選択肢を探る 新事業創出セミナー

経済産業省中部経済産業局が主催するセミナー「企業変革やイノベーション創出の選択肢を探る 新事業創出セミナー」に、当社代表取締役社長CEO 長江が登壇します。

日時:2023年3月7日(火)14:00~16:30
参加費:無料
場所:【現地参加】ミッドランドホール会議室A 【オンライン】Microsoft Teams
定員:現地参加40名程度(先着順。定員になり次第受付終了予定。)
申込締切:2023年3月3日(金)17:00迄

お申込み方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

長江は過去にも、さまざまなイベントに登壇させていただきました。
視聴可能な動画もございますので、是非ご覧ください!

「トライエッティング」は“ノーコードAIクラウド”の提供で、日本のデジタル労働力のインフラをつくる(ICC KYOTO 2020)

「トライエッティング」のノーコードAI「HRBEST(ハーベスト)」は、最適なシフト生成を1ボタン・低コストで実現する(ICC FUKUOKA 2022)

メディア掲載

「ノーコードAI」が注目されているいま、webメディアや新聞を通して、私たちの事業を多くの方にお伝えする機会をいただいています。ここでは、メディア掲載の情報をご紹介します。

日本経済新聞(電子版)にCOO菅沼のインタビューが掲載

「日本経済新聞」(電子版)に、当社COO・菅沼のインタビューが掲載されました。菅沼のこれまでのキャリアや当社の働き方についてご紹介いただきました。

今回の取材を受けて、COOの菅沼は「多くの働く女性がいる中で取り上げていただき光栄でした。正解のない人生の中で、こんな選択をした人もいるから自分も大丈夫と少し前向きに思うきっかけになったらうれしいです。」と話してくれました。

記事全文はこちらをご覧ください。

今月のslack

トライエッティングはコミュニケーションツールとして、slackを活用していて、業務内容のやり取りを行うチャンネル以外に、メンバー同士で仕事の合間の‟おしゃべり感覚”でコミュニケーションをとれるチャンネルがいくつかあります。ここでは、思わずリアクションしたくなる投稿から「今月のslack」として、ご紹介します!

今回メンバーが訪れたのは、あおなみ線「金城ふ頭駅」から徒歩2分の場所にある「リニア・鉄道館」。蒸気機関車から超電導リニアまで実物車両39両が展示されている鉄道の体験型ミュージアムで、時速500km走行を味わえる疑似体験できるそうです!

子どもがいる家庭をもつメンバーが増えているので、週末のお出かけ先として貴重な情報になったようです!

終わりに

生産人口の減少によって人手不足が進み、さらなる業務効率化が求められている状況下で、ノーコードAIを活用した予測系業務の自動化ソリューションに対するニーズが高まっています。

現在、需要予測やシフト自動作成について、自治体や企業の方々から多くのお問い合わせをいただいております。弊社では事業拡大に伴い、さまざまなポジションで人材を募集していますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

当社では事業拡大に伴い、さまざまなポジションで人材を募集しています。 トライエッティングが気になった方は、採用サイトからぜひお問い合わせください!